【日本シリーズ】広島が快勝し1勝1分け 鈴木3打点&ジョンソン7回1失点

2018年10月28日 21時28分

ソフトバンクに快勝し喜ぶカープナイン

 日本シリーズ第2戦(28日、マツダスタジアム)、広島(セ・リーグ優勝)がソフトバンク(パ・リーグ2位)に5―1と快勝し、1勝1分けとした。

 初回二死三塁から鈴木の内野安打で先制すると、3回は丸の犠飛と松山の適時打で2点を追加。5回には一死から菊池の左前打、丸の右翼線二塁打で二、三塁とし、鈴木が中前へ2点適時打を放った。

 先発・ジョンソンは7回に3安打で1点を失った以外は危なげない投球を披露。7三振を奪う力投でソフトバンク打線に隙を見せなかった。

 ソフトバンクは2番に今宮が復帰し、1番に川島、5番にデスパイネ、7番に松田宣を起用したが、7回に松田宣の適時打で1点を奪うのが精一杯。先発・バンデンハークも5回8安打5失点と踏ん張れず、完敗だった。

 第3戦から第5戦は、30日からヤフオクドームで行われる。