二刀流どころか“三刀流”!?中日ドラフト1位根尾困惑

2018年10月27日 16時30分

与田監督から交渉権獲得の当たりくじを手渡される根尾(右)

 中日からドラフト1位指名された根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が26日、大阪・大東市の同校で与田剛監督(52)、松永編成部長、米村チーフスカウトから指名あいさつを受けた。約30分間にわたって行われた会談で「チームの勝利のためには何でもしますと言わせてもらったし(与田監督から)頑張ってほしいと言われました」と話した根尾だが、注目の「二刀流」に挑戦するかどうかの突っ込んだ話し合いはされず。球団内では「早く結論を出してあげないと根尾がかわいそう」との声が出ている。

 与田監督と初対面を果たした根尾は「『ドラフト1位として候補に挙げて、実際に交渉権を取れたときにうれしかった』と言葉をいただいて、自分としても、うれしかったですし、与田監督の下で頑張れたらなと思った。選手第一で考えてくださる監督だと思うので、しっかりと自分のパフォーマンスを出したいなと感じた」と中日入りへ決意をにじませた。

 ところが「二刀流」の話になると、与田監督や球団サイドは「本人の意思を尊重する」スタンスのため、根尾は困惑を隠せない。ドラフト会議前日には「ショートでいきたい気持ちが強い」と話していたが、この日は「投手?(可能性は)ゼロじゃない。(チームの)力になれるのであれば、どんな形であれやりたいと思う」と、あくまでチーム優先の立場を強調した。

 与田監督は根尾の投手としての評価について「体重移動だったり、打者との駆け引き、フィールディングとすべてにおいてレベルが高い。十分その素質がある」とベタ褒め。さらに「二刀流と言ったらみんなが間違いなく喜ぶ。その能力が高いのは映像を見た限りはそう思う。18歳であれだけ能力持った選手はいない。好きなように暴れてもらいたい。久しぶりに走攻守揃った力のある選手。より高いレベルに持っていきたいとすごく感じる」ときっぱり。

 だが「二刀流」に挑戦させる目安について指揮官は「実際に動きを見てからになる。とにかく根尾君が一番いい形で活躍できる場所を探すということを改めて感じた」と“棚上げ状態”にしている。

 これに球団関係者は「やらせるなら、やらせるでブルペンに入ったり練習方法も違う。やらせるのか、やらせないのか、早く決めてあげないと根尾がかわいそう。意思を尊重すると言われても、高校生ではなかなか自分で判断するのは難しいと思う」と根尾に下駄を預けるのは気の毒とみている。

 森シニアディレクター(SD)の腹案として、根尾を6、7回までスタメン遊撃で起用し、途中から外野の守備に就かせ、そして9回はクローザーを任せるというものまである。冗談のような前代未聞の1試合で「三刀流」のウルトラプランで、あるスカウトは「そんな漫画のようなことができてしまうほど根尾の身体能力は高い」と舌を巻く。だが、このプランを聞いて根尾は「自信? ないです。評価していただいているので、期待に応えるじゃないですけど、やっぱり自分にできることをしっかりできるように、それが一番。できないことをいっぱいやろうとせず、できることだけに集中してやりたい」と戸惑いを隠せない。

 与田監督は「ルーキーを大きくいじらないのが僕の方針。伸び伸びやらせたい。短期間で持ち味を消してしまうことが絶対ないように」と、あくまでじっくりと適性を見極める構えを見せるが…。

 いったい中日は根尾をどうしたいのか。根尾がチーム優先の姿勢を見せているのだから、球団としても方針を早期にはっきりさせる必要がある。

関連タグ: