【日本シリーズ】広島・緒方監督「勇気を持って盗塁を」

2018年10月27日 16時30分

握手をする緒方監督(左)と工藤監督

 広島・緒方監督が、日本シリーズ制覇へ“先手必勝”を掲げた。一昨年と同じく本拠地で開幕する頂上決戦に「初戦が大事。このマツダスタジアムというホームグラウンドで初戦から自分たちの野球がどうできるか」。自慢の打線には「一人ひとりが役割を把握している。塁に出ること、相手にプレッシャーをかける機動力を使って得点を挙げてもらいたい」と期待を寄せた。また、相手捕手の甲斐から盗塁を決めることは至難の業となりそうだが「相手を意識しては力が発揮できない。自信を持って、勇気を持ってスタートを切ってほしい」と語った。