【日本シリーズ予想】加藤伸一氏 「ダメもと」で戦えるソフトB優位

2018年10月24日 16時30分

加藤伸一氏

【日本シリーズ予想=加藤伸一氏・ソフトバンク4勝2敗】ソフトバンクは先発での実績もある武田、石川が救援に回ったことで投手陣が盤石になった。中継ぎだけでも嘉弥真、モイネロ、大竹と左腕が3枚いて8、9回には加治屋と森が控えている。先発もタイプの違う千賀、バンデンハーク、東浜がおり、中継ぎでもいける下手投げの高橋礼も含めてバリエーションが豊富で隙がない。

 打線に目を移しても、単純にチーム本塁打数では広島の175発に対してソフトバンクは202発。広島自慢の機動力野球も、12球団一の強肩を誇る捕手の甲斐を相手に本来の力が発揮できるか分からない。レギュラーシーズンでは西武の後塵を拝したが、走・攻・守すべての面でバランスが取れているうえに「ダメもと」で気楽に戦えるソフトバンクが優位と見た。(本紙評論家)