【パCS】2位ソフトバンクが日本シリーズ進出 柳田が4打点

2018年10月21日 16時32分

初回、柳田のタイムリーで生還したグラシアルらを迎える工藤監督

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦(21日、メットライフ)、2位・ソフトバンクが1位・西武に6―5で逃げ切り、対戦成績を4勝2敗(優勝チームのアドバンテージを含む)として、日本シリーズ進出を決めた。

 初回無死満塁で柳田が走者一掃の左中間への二塁打を放ち3点を先制。柳田は6回にも、貴重な追加点となるソロ本塁打を右翼席へ放った。4―3の8回には二死一、二塁から上林が右越え三塁打を放ち、2点を追加して突き放した。

 先発・高橋礼は3回まで一人の走者も許さない完璧な投球を披露したが、5回に4安打を集中されて2点を失い降板。しかし、後を受けたリリーフ陣がリードを守り切った。

 西武は3点を追う5回に4安打で2得点、2―4とされた6回には浅村がソロ本塁打を放つなど意地を見せる。土壇場の9回には中村のソロ本塁打で1点差に詰め寄ったが、反撃もここまでだった。

 ソフトバンクは27日にマツダスタジアムで開幕する日本シリーズで、広島と対戦する。