【パCS】西武攻撃陣にほころび 「機動力」が機能不全に…

2018年10月20日 13時00分

ベンチで渋い表情の辻監督(中)

<ソフトバンク15-4西武(19日)>弱点を露呈した西武が歴史的大敗を喫した。先発の榎田は3回5安打4失点でKO。2番手・十亀も2回7安打8失点と大炎上し、終わってみれば計15失点の投壊に、辻監督は「榎田は試合前のブルペンから悪かった。十亀は向かっていく気持ちを欠いたような気がする。打線は心配してないけど、やっぱりピッチャーがもう少し踏ん張ってくれないと」とあきれ気味だった。

 もっとも、この日の敗戦は投手陣だけを責められない。シリーズが進むにつれ、攻撃陣にもほころびが出始めている。「機動力」の機能不全だ。

 西武は超重量打線ばかりが注目されるが、今シーズンは足を絡めた攻撃も得意としていた。公式戦での盗塁数はリーグトップの「132」。同じくリーグ1位の792得点も実は、足を絡めた攻撃の産物だった。

 ところが、今CSでは相手バッテリーに執拗にマークされ、第3戦まで西武の盗塁は「0」。第2戦の試合前には、金子侑が相手バッテリーの異変をこうぼやいていた。

「バッテリー(の動き)がシーズン中とはまったく違うんです。たまに早く投げたり、クイックしたりしてくるので。すごく警戒しているな、という感じがします。(盗塁の)スタートはいつも切りたいと思っていますが本当に切れないので」

 足を封じられ、自慢の得点力が削られている状況では、なかなかシーズン中と同様に連日の大量得点とはいかない。

 この日の敗戦で2勝2敗の五分になったとはいえ、不安の残る投手陣も含め、今後もシーズン中以上に「強さとモロさ」が際立つ試合が続くことになりそうだ。