【セCS】上原来季は…「これからどうするのかを考えたい」

2018年10月20日 16時30分

<広島5-1巨人(19日)>10年ぶりに巨人復帰した上原が試合後に「難しいシーズンでした」と振り返った。開幕直前の3月上旬に再入団し、同い年の盟友・由伸監督を支えるべく現役としてプレー。来年4月で44歳を迎えるレジェンド右腕は今後について「今終わったばかりで何も思えない。何かあればブログでも発表するかもしれないし。自分の体をしっかり治して、これからどうするのかを考えたい」と語るにとどめた。

 また、プロ入りから18年連続で2桁本塁打をマークし、通算400号に王手をかけている阿部は「(広島に)来年必ずやり返す」と力強く断言。1年契約で臨んだマギーは「1年を総括してから考えたい。ただ、誤解してほしくないのは巨人に帰ってくることを保留しているわけではない」と話した。