【パCS】西武が2発13得点で打ち勝つ!栗山は3安打6打点

2018年10月18日 21時41分

栗山の3ランで先制

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦(18日、メットライフドーム)は1位の西武が2位のソフトバンクに13—5で大勝。西武は対戦成績を2勝1敗(アドバンテージ含む)とした。

 第1戦を落とした西武は初回、栗山の3ランで先制。2回に失策が絡み追いつかれたが、その裏に浅村の3ランなどで再び突き放し、鷹先発のミランダをKOする。

 3回には源田、6回には栗山が適時打を放ち、7回には栗山のこの日6打点目となる適時打などで4点を追加。レギュラーシーズン同様、11安打13得点で派手に打ち勝った。

 投手陣は先発の最多勝右腕・多和田が5失点(自責点4)ながらも6回を投げきり、増田、マーティン、ヒースが鷹打線に追撃を許さなかった。

 ソフトバンクは2回7失点の先発ミランダをはじめ救援陣も振るわなかった。