金本監督これが電撃辞任の真相 電鉄トップが球団社長に辞任勧告の極秘指令

2018年10月13日 11時00分

本拠地最終戦後のセレモニーでファンに謝罪した金本監督(手前)は、どんな心鏡でグラウンドをあとにしたのか…

 17年ぶりの最下位に沈んだ阪神に激震だ。金本知憲監督(50)が11日、兵庫県西宮市内の球団事務所で記者会見を行い、今季限りでの辞任を発表した。昨オフ、新たに結んだ3年契約の1年目だったが、チームの低迷でファンの風当たりも強くなり状況が一変。事態を重く見た電鉄本社サイドからは事実上の解任ともとれる「辞任勧告」もあったという。球団は次期監督として矢野燿大二軍監督(49)に就任要請する方針だが、組閣も含め混迷を極めそうだ。

 鉄人の表情は終始、吹っ切れていた。最終的に辞任する意思を固めたのは、今季本拠地最終戦となった10日のDeNA戦終了後だという。「最下位が決まったぐらいから考えていた。(揚塩球団社長に)もう少し頑張ってみればと言われましたが、僕の意思が固かったです。やり残したこともありますけど、結果の世界なんで。何より最下位という、そこです」。チームが17年ぶりの最下位に沈んだ責任を痛感していた。

 解任を求めるファンの怒りの声など、周囲の雑音も耳に届いていた。それでも「それはタイガースの監督としてやっている宿命ですから。元から覚悟の上。特に気にならなかった」と、これまで気丈に振る舞ってきた。

 ただ逆風の強さは尋常ではなかった。インターネットを中心に「鳥谷をつぶしたのはお前だ!」「お前が辞めろ!」など金本監督の解任を求める声は強まる一方だった。球団だけでなく電鉄本社にも抗議電話が殺到し、一時は業務に支障が出たほどだ。

 9月28日の中日戦敗戦後、チーム宿舎でファンの心ないヤジに応戦。その様子を撮影したものと思われる動画がSNS上で拡散する“騒動”もあった。これにはさすがの鉄人もショックを受けたそうで、親しい知人によると「(あれからは)声を掛けにくいくらい疲れ切っている様子だった」という。夏場からは食欲も減り、胃薬などを手放せなくなっていたというから心労度は分かる。

 ファンだけではない。もっと深刻なのが味方であるはずの面々から“ダメ出し”されたことだ。

「ここは先輩の目が手厳しいから」と再三漏らしてきたように、チームの低迷に虎OBの怒りが一気に爆発。昨年、掛布二軍監督を結果的に退任させた金本監督に対する不満を募らせていた生え抜きOBが多く「この3年間、何をやって何を教えてきたのかわからん。選手をとっかえひっかえ、ダメならまた別を…というものばかり。誰が今日はどこを守るとか、草野球をやってるみたい」との酷評もあった。監督経験のある大物OBでさえ「今日のあの場面の守備隊形なんて、今どき高校生でもやらんよ」といった調子で、負ければ負けるほど大喜びする始末だった。

 じわじわと“包囲網”は狭まっていった。徹底した練習を課す金本イズムも次第に停滞し、選手からも「結果が出なければすぐ二軍とかあるし、我慢して使ってくれない。ウチのコーチ陣は監督のイエスマンばかりで、言っても仕方ない」との不満も噴出していた。

 複数の球団関係者によると、金本監督は辞任直前まで来季に向けてやる気を見せていたという。球団も矢野二軍監督のヘッドコーチ格での一軍復帰や片岡打撃コーチの二軍監督への配置転換、金本監督にとっては東北福祉大の後輩でもある前中日の和田一浩氏(46)の一軍打撃コーチ招聘など、就任4年目に向けて動いていた。それが電撃辞任に至ったのはなぜか? ある球団関係者が声を潜めて明かした。

「実際は事実上の解任ですよ。9月下旬から10月の負け具合を見て本社が金本監督を問題視して、次期オーナーの藤原(電鉄本社)会長ら本社トップが揚塩球団社長を通じて自らの進退を考えるよう辞任勧告した。このことは社長以外、誰にも知らされていないから、組閣に大忙しだった谷本球団副社長はまさに寝耳に水。球団ではそんな本社のやり方に怒りや疑問の声でいっぱいで、これからが大変だ」

 球団は続投OKでも本社はNO。巨人・高橋由伸監督がAクラス争いの最中に今季限りでの辞任を表明したこともあり、本社は世間体、そしてファン離れを危惧したのだろう。いずれにせよ鉄人は志半ばでチームを去る。今後の球団に待ち受けるのは吹き荒れるストーブの嵐だ。