西武本拠地メットライフドームで今季3戦全敗…ソフトB千賀は傷心

2018年09月29日 13時00分

千賀(左)と工藤監督

<西武5-3ソフトバンク(28日)>ソフトバンクは先発の千賀滉大(25)が7回途中5失点で期待を裏切った。初回に先制3ラン、6回に勝ち越し2ランを被弾。被安打3ながら7敗目を喫した。

 鬼門の敵地でチームは6連敗。今季2勝9敗と分が悪く、なかでも千賀はメットライフドームで3戦全敗。それも9本塁打を許して計19失点と打ち込まれており、プロ入りから11戦未勝利と同球場を苦手にしている。普段は結果を冷静に受け止め、前向きに振り返る右腕もこの日ばかりは「いろいろと考えないといけないが、ここまで迷子が続くと…。どうしたらいいのか分からない…」と珍しく弱気になった。

 チームは事実上の終戦を迎え、ポストシーズンでの雪辱を誓っている。ただ、2年連続の日本一を目指す上でメットライフドームでの獅子狩りは絶対条件。千賀の傷心ぶりは何とも気がかりだ。