西武・菊池が初の鷹狩り!なぜ勝てたのか 相棒・炭谷が“数字のマジック”明かす

2018年09月29日 13時00分

同点の6回に中村の勝ち越し2ランが飛び出すと、菊池はベンチ前で渾身のガッツポーズを見せた

<西武5-3ソフトバンク(28日)>ついに悲願達成だ。西武の菊池雄星投手(27)が28日のソフトバンク戦(メットライフドーム)に先発し、7回3失点(自責1)の粘投で14勝目を挙げた。同カードでの白星はプロ入り19度目の登板(13敗)で初だ。チームは5―3で勝って12連勝。ついにマジック1と10年ぶりのリーグ優勝に王手をかけた。それにしても、なぜ菊池は今までソフトバンク戦だけ勝てなかったのか? 長年コンビを組む炭谷銀仁朗捕手(31)がネックとなっていた“数字のマジック”について明かした。

 19度目の正直でプロ入り初の鷹狩りに成功した菊池はお立ち台で「いやあ…」と発したまま、しばらく声を詰まらせた。チームはこの日の勝利で西武は8年ぶりにソフトバンク戦の勝ち越しが決定。エースは「僕の負けが8年間あったと思うと、それに1勝でも貢献できたんでうれしい」と言い「ファンの皆さん、チームメート含めてソフトバンクに勝てない限り、エースと呼ばれながら本当の意味で認めてもらえないと思ってた」と特別な日を振り返った。

 天敵相手に菊池を先発マウンドに送り出した辻監督は「今日という日が雄星にとって大きく変わる大きな一日になると思っていた」という。それが希望的観測だけでなく、根拠があったと証言するのは女房役の炭谷だ。

「(今季ソフトバンク戦初登板となった前回8月24日の)ヤフオクとメットライフではそれなりの投球ができていたし、援護に恵まれない部分も多かった。これまでヤフオクでは(スピード)ガンが出えへんから意識してたと思う。だって明らかにヤフオクで投げた時は遅い時で138キロとか速くても141キロ、142キロで球速が出ない。それを今までは気にしていた。それが(今季からトラックマンの導入で)ガンが替わって150キロが出るようになった。負けはしましたけど、8回を4安打3失点に抑えた8月24日の試合は手応えがあったと思うし、キッカケの一つだと思いますね。気持ちの面が大きいピッチャーなんで」

 この日も今オフの移籍市場の目玉になりうる左腕を目当てにネット裏には10球団超のメジャー球団スカウトが並んだ。将来の自分への投資のため、あらゆるジャンルの本を読み、科学的トレーニングで体をつくり、英会話の勉強にも抜かりのない努力家にも、まだ無意識の中に“数字との格闘”があったとは意外だが…。これで胸のつかえもなくなったことだろう。