“本家”ソフトB松田が使用許可「レオの熱男」山田遥楓の反応は?

2018年09月21日 16時30分

フリー打撃に励む山田

 ソフトバンク、日本ハムとの“5番勝負”全勝を含む6連勝で優勝マジックを9としている西武は20日のロッテ戦(ZOZO)を雨で流し、9連戦にひと息が入った。

 この日、先発予定だった菊池雄星投手(27)はランニング、キャッチボールなどの調整を行い午後5時15分、中止決定のアナウンスを聞いた。登板は21日の同戦にスライドすることになった。辻監督は「雄星が肩を作る前でよかった? そらそうよ。中断が一番怖い」と試合開始前の中止決定を歓迎した。

 一方で、19日の日本ハム戦で初スタメン出場。第2打席で放ったプロ初本塁打後のパフォーマンスでプチブレークを果たした「レオの熱男」こと山田遥楓(はるか)内野手(21)はこの日の室内練習でも声を張り上げ一際存在感をアピールした。

 前夜は友人、知人から約300件のメールが届き「今全部返しています。やっぱり一軍はすごいですね」と反響に目をパチクリ。一方で本家であるソフトバンク・松田からも祝福の電話があり「獅子男(ししお)、獅子男、よかったな! あれ、使っていいからな」と改めて熱男パフォーマンスの使用許可をもらったという。

 ただ、山田本人に元はライバル球団のチームスローガンでもあった「熱男」の継続使用について迷いがあり「どうしたらいいですかね?」と思案に暮れていた。