中日・松坂 引退表明の杉内から「あと5年は投げてくれ」

2018年09月12日 18時25分

杉内へ感謝の言葉を送った松坂

 中日・松坂大輔投手(37)が12日、阪神戦(甲子園)の試合前練習後、今季限りで現役引退を発表した巨人・杉内へ感謝の言葉を送った。

「僕としては高校時代に甲子園で対戦してからずっと強く意識してきた仲間で、自分の中では最高のライバルという意識はずっと持っていた。スギの投げている姿、フォームも好きだったし、スギの野球に対する考え方も好きだった。同じ時代に杉内俊哉という投手がいたから僕は頑張ってこれた。さっきもスギに言いましたけど、ありがとう、そしてお疲れさまでしたと伝えました」と、しみじみと語った。

 杉内が引退会見する前に電話で話したそうで「声はすっきりしてるような感じはしたけど、もしかしたら強がりかもしれないですね。僕はもう少し頑張るよと伝えたら『あと5年は投げれくれ』と言われたので、少しでも長く投げられるように頑張りたい」と現役続行に気合を入れた。

 38歳の誕生日となる13日の阪神戦(甲子園)に先発する松坂。盟友の思いを胸に聖地のマウンドに立つ。