中日ビシエド 驚異的成績で8月MVP「練習はウソをつかない」

2018年09月11日 19時19分

3年連続3度目の月間MVPを獲得した中日・ビシエド

 中日のダヤン・ビシエド内野手(29)が11日、8月度の「日本生命月間MVP賞」を受賞。2016年の来日から3年連続で、昨年5月度以来となる選出となった。

 セ・リーグ新記録となる月間47安打を放ち、8度の猛打賞はプロ野球タイ記録。26試合に出場し、打率4割6分5厘、7本塁打、24打点をマークし、驚異的な勝負強さを発揮した。

 大阪市内のホテルで会見し「3年連続で3回も取れたことはとてもうれしい。オフのトレーニングやキャンプで、しっかり準備してきたので、その努力が実った。やっぱり練習はウソはつかない。サポートしてくれた全ての人に感謝したい」と喜んだ。

 イチローが持つプロ野球最多の月間48安打にわずか1本届かなかったが「イチローさんのような偉大な方に並ぶなんて大それたことは考えていない。47本でも大満足です」と殊勝に話した。