ソフトバンク工藤監督 内川&デスパイネの一軍昇格は急がない

2018年09月10日 18時12分

 ソフトバンクの工藤公康監督(55)が10日、二軍調整中の内川とデスパイネの一軍再昇格について、慎重を期する方針を明かした。

 いずれも主力だが、今季は不振に苦しんでいる。今はチーム状況もいいだけに、ファームの試合に出場して万全の状態を取り戻してもらうことを優先させる。

「グラシアルも頑張ってくれているし(デスパイネに関しては外国人の)枠の問題もある。ベンチの選手たちも一つひとつという思いでやってくれているし、しっかりと下のゲームで結果を残してもらって、その上で(一軍)になると思います」

 内川は8月16日に疲労性の体調不良で登録抹消。デスパイネも翌17日に右ひざの炎症で登録を外れている。