広島に「今こそ“新井イジリ”を」の声 引退発表からチーム5連敗で本人ショック?

2018年09月10日 16時56分

引退発表から5連敗に新井(中央)はショックを受けている?

 広島は9日の中日戦(ナゴヤドーム)を4―5で落とし、今季2度目の5連敗を喫した。同点の8回、3番手・ジャクソンが一死一、二塁からアルモンテに適時打を浴びて勝ち越し点を献上。それでも、緒方監督は「最後まで諦めることなくやってくれた。(5連敗は)気にしていない。勝とうが負けようが反省して毎日戦っている」とナインをねぎらった。

 この日の敗戦で最下位・中日との対戦成績は11勝13敗。1試合を残して今季のカード負け越しが決定し、全球団に勝ち越しての完全優勝は消滅。ただ、優勝マジックはヤクルトが敗れたため「9」となり、いよいよカウントダウンに突入し、史上初のリーグ3連覇には着々と近づいている。

 これで最短Vは16日のヤクルト戦(神宮)となったが、その後は20日からホームで9連戦とあって「本拠地で優勝を決める可能性も大いにある」(球団関係者)と“マツダ胴上げ”に期待を膨らませている。

 そんな中、心配されているのがベテランのメンタル面だ。くしくも新井貴浩内野手(41)が今季限りでの現役引退を発表した5日の試合からチームは5連敗。このタイミングで負けが続いたことから、チーム内では「どこか気にしているというか、内心ではショックを受けているのかもしれない」と新井の胸中を心配している。

 そんなこともあり「若い選手がイジってみても面白いかも…」と、今こそ“新井イジリ”の絶好の機会ではとの声が噴出している。

 具体的には「新井さんのせいですよ!」「責任取って引退撤回してください!」などの口撃や、新井をわざと完全無視する“常時サイレントトリートメント”などが考えられるが、あまりにイジリすぎて本当に立ち直れなくなってしまいそうな気も…。

 とはいえ、そこは百戦錬磨の新井さん。明るい笑顔ですぐに連敗ムードを吹き飛ばしてくれそうだ。