退任濃厚オリックス・福良監督の後任候補の名前は?

2018年09月01日 16時30分

自力CS進出が消滅した福良監督

【デスクと記者のナイショ話】

 デスク:オリックスは31日の西武戦に負けて自力CS出場が消滅したな。福良監督の進退はどうなるんだ?

 オリックス担当記者:実質4年目でずっとBクラスですから退任の可能性が出てきてます。28日に福良監督の地元の宮崎で主催試合があったんですけど、日本ハムに4安打零封負け。球団関係者も「あれは痛かった。致命的かもしれない」と頭を抱えていました。

 デスク:フロントの動きはあるのか。

 記者:例年のこの時期なら福良監督に来季のオファーをしているのにまだ何も動きはありません。湊球団社長は「中長期的にどんなチームづくりをしていくかが重要。監督問題はその中の一つで、まだチームはCSに向かって戦っていく中でクローズアップされることではない。全体を見ていく中で大きなことではない」と話しています。

 デスク:もし交代なら後任候補は誰なんだ。

 記者:内部昇格なら田口二軍監督ですね。ただ2016年に視覚障害と言語障害で数試合休養したこともあり体調面が心配されていますし、ウエスタンも5位に低迷していて…。それでも球団内では「田口二軍監督なら宮内オーナーも納得するだろう。選手の信頼もある」と見ています。長村球団本部長をはじめ、長谷川SA、藤井打撃コーチと1995、96年の優勝にかかわった人が現場やフロントに増えてきていますし、本社関係者も「同じ方向を向くならOBがいい」と。

 デスク:なら外部招聘は考えにくいのか。

 記者:元中日監督の落合氏やDeNAのラミレス監督、OBで楽天の佐藤投手コーチの名前も飛び交っていますけど「せっかく若手が育ってきているのに、外から連れてきたらまたコーチ組閣がイチからになる。落合さんなんかは実績があるけど、ワンマンだから周りが大変だろう。大物を獲ってこれるような人は今のフロントにはいない」と本社関係者からの声も聞かれます。確かにネットワークのある人がフロントに少ないんですよ。

 デスク:ならドラスチックな改革は難しいな。

 記者:若手が育ってきていること、ケガ人が多かったことなどひいき目に見る材料はありますから、そこを宮内オーナーがどう判断するかですね。