たむけん暴露!西岡のお笑い武勇伝

2013年02月25日 16時00分

 阪神・西岡剛内野手(28=前ツインズ)が、猛虎打線の切り込み隊長と期待の新戦力が実力を発揮している。しかも、活躍の場はグラウンドだけではない。親交が深い人気芸人・たむらけんじ(39)が西岡のもう一つの顔を本紙に告白した。

 

 対外試合で初のマルチ安打。和田監督は「今日は2本打ったし、今までの打席もアウトの内容がいい」と順調な調整ぶりに目を細めた。

 

 そんな中、西岡がベンチ裏でもチームに貢献する、と力説するのが約2年前から西岡と親交のある「たむけん」だ。21日、プライベートで沖縄・宜野座キャンプを訪問。「剛は物おじせずにリーダーになったらええと思います。ただ阪神の選手は剛に気をつけてください!」と笑いをこらえながら警告した。

 

 その理由は西岡のやんちゃエピソードが数え切れないほどあるから。まずたむらが打ち明けたのは飲み屋ネタだ。「本当に少年というか。ご飯を食べに行って、ケータイを置いたままにしといたらエライことになるんです。必ずお酒の中に浸かってます。だからアイツと遊ぶ時はデータ保存は必須です」

 

 こんなこともあった、という。「車で迎えに来てくれた時に、こっそりナビの音声を中国語に変えとるんですよ。走り出したら中国語の音声が流れてきて…。そんなイタズラをするのが好きなんです」

 

 爆笑しながら西岡の“武勇伝”を披露したたむらは、こうしたおちゃめな面が必ずチームの明るいムードづくりに役立つと確信しているのだ。

 

 実際、早くもムードメーカーぶりを発揮している。たむらは「鳥谷選手もエライ明るくなったと聞きました。どうやら(WBCで離脱するまで)剛とずっと一緒におったそうです。剛が入ってエエ効果が出てるんでしょう」と指摘。クールな鳥谷を早速、変身させた。福留は「彼は人なつっこくてすぐに寄ってきます」と苦笑し、球団関係者も「移籍した直後という感じはしないですね。よくいろんな選手と話すのを見ますし、明るいからムードメーカーになってくれそうです」と期待を膨らませている。

 

 昨年は重苦しい空気が充満することが多かった虎ベンチ。お笑い芸人も腹を抱える西岡がムードを一変させてくれそうだ。