来日初完封で4勝目のメルセデス 巨人捕手陣が証言する「魔球」

2018年08月25日 16時30分

来日初完封勝利をマークしたメルセデスはファンの声援に応える

 巨人の優良助っ人が圧巻のトラ退治だ。24日の阪神戦(東京ドーム)は2―0で投手戦を制して連敗をストップ。ヒーローは2安打で来日初完封勝利を挙げ、初安打初打点までマークしたC・C・メルセデス(24)だ。ライバルが恐れる“魔球”を武器に、右打者を並べた相手を完全に返り討ちにした。

 ドイツ製高級車も顔負けの安定走行だった。メルセデスは5回まで相手打線をまったく寄せ付けない無安打投球。打っても4回に秋山から来日初安打となる適時打を放つと、テンポの良さは9回まで変わらず初完封で4勝目を挙げた。

 普段はおとなしく控えめな性格ながら、お立ち台では「スーパーうれしい!」と喜びを爆発させたメルセデス。由伸監督も「今日はそれ(メルセデスの働き)が一番。ヒットも打ちましたし、大活躍の一日ですね」と手放しの絶賛だった。

 7試合で防御率1・57と抜群の安定感を発揮している助っ人左腕だが、最近は2戦連続5失点で敗戦投手となっていた。ただ対阪神は2試合16イニング無失点で2連勝。試合後の巨人サイドからは快投をたたえる声の一方で「今日は相手にも助けられた」とのコメントも相次いだ。

 メルセデスの最大の特徴は直球がすべてカット変化する、いわゆる“真っスラ投手”という点にある。「あの球は右打者にとって非常に厄介。強引に引っ張ろうとすると全部引っ掛けてゴロになります。対策は外角球を右へコンパクトに弾き返すしかない。ただ左打者には内角へほとんど投げてきませんし、変化を追いやすい」と、セ球団スコアラーの一人はこう分析している。それだけに糸井以外、右打者を7人ズラリと並べた阪神の対策には「意図が分からない」と試合前から首をかしげていた。

 打者の左右別成績でもはっきりした数字が出ていた。試合前時点で対右は1割8分6厘と抑え込んでいた一方、対左には3割3分3厘。実際、この日初安打を許したのも左のナバーロだった。その後も安打性の打球は、代打・福留が放った左翼へのライナーぐらい。試合後の巨人側から「右打者ばかりでラッキーだった」との声が漏れたのは当然の反応だろう。

 データにたがわず、右打者キラーぶり発揮したメルセデス。しかも、別の球団のスコアラーは、右打者限定の“魔球”の存在も指摘していた。

「直球はすべてカット回転かと思いきや、ウチの右打者の話では『外角高めの直球だけは“ジャイロ回転”している』と言うんです。ホップしながら逃げていくように見えるとか。それがある分、右は余計に惑わされるようなんですよ」

 ジャイロボールとは進行方向を回転軸としてドリルのように回転して進む球のこと。メジャー時代の松坂(現中日)が操るとして、一時期話題ともなった変化球だ。

 巨人の捕手陣によると「右打者の外角球は予測不能な変化をするのは確か」だという。ただ「狙っているわけではなく抜け球だと思いますよ」というが…。次回登板ではメルセデスが右打者に投じる“魔球”にも注目だ。