東尾コーチ「WBC合宿離脱」真の狙い

2013年02月20日 20時00分

侍スタイルでイベントに出演した東尾コーチ

【WBC】侍ジャパン・東尾修投手総合コーチ(62)が練習休みとなった19日、イベント出席のため宮崎―東京間を往復した。


 娘の理子(37)とともに出演した東京・台場でのイベントでは「試合の結果が良くなかったので(出席に)萎縮したんですけど」と苦笑い。投手陣には「13人で足並みを揃えて頑張ってほしい」とエールを送った。無事に仕事を終えると空港に直行し、夕方ごろには宮崎に戻った。

 最終メンバー発表を翌日に控えているなか、休日とはいえ、今は代表合宿期間中だ。特に投手陣は調整遅れや、WBC公認球への対応がうまくいかない選手が続出している状況。侍ファンからは「代表合宿を抜け出して何やってんだ!」というツッコミが聞こえてきそうだが、代表関係者によれば「イベント出演は以前から決まっていたスケジュール」。同コーチのイベント出演に関してはNPB側も“問題なし”との見解だった。

 侍ジャパンは過去の代表に比べ人気、話題の面で劣る感があることは否めない。ネームバリューのある東尾コーチが、代表合宿中にわざわざ東京まで足を運んでイベントに出演すれば話題性は十分。今回の“仰天行動”は侍ジャパンのアピールという側面もあったようだ。

 ただ、現在はチームが微妙な状況だけに、少々間が悪かったか。