巨人・由伸監督 マギーのサヨナラ打たたえつつも冷静

2018年08月20日 16時30分

マギー(中)のサヨナラ打には田中俊(左)、陽岱鋼も大喜び

 巨人が19日の中日戦(東京ドーム)で劇的サヨナラ勝利。ヤクルトとの2位争いに踏みとどまった。1―5の9回、先頭の6番・阿部の死球から一死一、二塁と攻め立て、8番代打・陽岱鋼が適時二塁打。さらに3連打で一気に同点とし、一死一、三塁からマギーが左前へ運んで勝負を決めた。試合後、由伸監督はマギーのサヨナラ打をたたえつつも「やっぱり最初に阿部が塁に出てというところ。回の先頭でどんな形であれ塁に出ると、特に最終回は(サヨナラを予感させる)雰囲気が少し出てくるのかな」と冷静に振り返った。

 日を追うにつれヤクルト、阪神とのAクラス争いが激化。週末には阪神戦が待っている。指揮官は「普通に勝てるのが一番だが、こういう勝ちもチームに勢いがつく。また来週に向けて弾みにしたい」と前を向いた。