糸井らとチームけん引する阪神・福留「これが僕たちの仕事」

2018年08月15日 10時27分

勝利に貢献した福留(左)と糸井

 阪神の“不惑の主将”福留孝介外野手(41)が14日の広島戦(京セラ)の8回、4—4と追いついてなおも二死満塁の場面で、広島4番手・今村から押し出し四球を選び、チームの勝利に貢献した。

 3番で出場し、37歳の4番・糸井と打線の中軸を担う。「これが僕たちの仕事。(藤川)球児や鳥谷といった上の選手がそんな気持ちを持っている。それで若い選手がついてきてくれればいい」。首位・広島のマジックナンバー点灯を阻止したが「うちが先を見てもしょうがない。やらなければいけないことをやっていくだけ」と一戦必勝を誓った。

 金本知憲監督(50)は「フルカウントから2球ファウルにした後、よく見極めてくれた」とキャプテンの活躍を絶賛した。