【高校野球】ドラ1候補の大阪桐蔭4番・藤原「走攻守すべて高次元の選手になりたい」

2018年08月15日 11時00分

8回、左翼席にフルスイングで叩き込んだ藤原。鍛え上げられた腕の筋肉は驚きだ

【ズームアップ甲子園】第100回全国高校野球選手権大会は13日、甲子園で2回戦3試合が行われ、第1試合は2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)が沖学園(南福岡)を10―4で下して3回戦進出を決めた。先発した今秋ドラフト1位候補の根尾昂内野手(3年)が甲子園初アーチを放つなど投打で活躍すれば、同じくドラフト1位候補の4番・藤原恭大外野手(3年)は、8回に高校通算30号となる2ランを放つなど打線をけん引。そんな藤原の素顔に迫るべく本紙が直撃した。

 ――尊敬するソフトバンク・柳田が放つような逆方向への見事な2ランだった。プロに進んだらどんな選手になりたいか

 藤原:「トリプルスリー」(打率3割30本塁打30盗塁以上)を何年も続けて達成できる選手が理想です。柳田さんのように、走攻守すべてで高次元の成績を残せる選手です。

 ―― 一番のストロングポイントは

 藤原:やっぱり「足」ですね。

 ――脚力にこだわりがある。野球以外で注目している競技やアスリートはいるか

 藤原:実は野球をやらなかったら、本格的に陸上短距離をやって陸上選手になりたかったんです。だから、テレビで五輪や世界陸上はよく見ます。特に(陸上男子100メートル世界記録保持者のウサイン)ボルト選手のレースは興味津々でした。

 ――走り方で影響を受けたことは

 藤原:速い人は大股で走っている。だから、僕も大きなストライドで走ることを意識しています。

 ――打つ方では現在、4番が定位置。「大阪桐蔭の4番」の重圧は

 藤原:プレッシャーはありますが、やりがいの方が大きいですね。チャンスで回ってくることが多いので、自分の打撃が勝敗を決める。でも、僕の場合は1番を打っていた時の方が重圧は大きかったです。1番はチームの最初の打席。いかにそこで勢いがつけられるかが大事。そういう意識で打席に入っていたので。気持ち的には、1番を打っていた時よりも今の方が楽に打席に入れています。

 ――他校の選手から「大阪桐蔭の選手には風格がある」という声をよく聞く。立ち居振る舞いを意識したりすることは

 藤原:グラウンドの内外で機敏な行動を取ることは常に意識していますし、身だしなみも心がけています。

 ――ユニホームの着方にもこだわりがある

 藤原:僕は去年の夏からワンサイズ小さいサイズのユニホームを着ています。そういう着方をしていた先輩たちを見て、かっこいいと思ったのがきっかけです。体の線や筋肉の盛り上がりが出やすくて、かっこいい。相手に与える威圧感というか、そういうものも増すのかなとは思います。

 ――大会連覇にかける思いは強い。個人的な目標も含めて意気込みを

 藤原:(昨秋痛めた)右ヒザの状態も万全ですし、走攻守で貢献したい。4番として、ここぞの場面で打ってチームを勝たせたい。必ず春夏連覇を成し遂げます!

◆二刀流・根尾が投打に活躍=プロ注目で「二刀流」の根尾が投打で大活躍し、チームの3回戦進出に貢献した。今夏の甲子園初のマウンドに上がって先発登板を果たすと、8回4失点で勝利投手。打っては1本塁打を含む2安打1打点、4出塁と躍動した。

 それでも自己評価は投打とも「50点」と辛口で「みんなに助けてもらったような試合。このままでは次の試合では勝てない。今回うまくいかなかったことを反省して修正したい」と気を引き締めた。

 7回に甲子園64打席目にして初となる本塁打をバックスクリーンへ突き刺したが、ベンチに戻ると“サイレントトリートメント”の洗礼を受けた。根尾は「ちょうどみんなベンチワークをしていたので見ていなかったと言われました」と苦笑していた。

関連タグ: