中日守護神・鈴木博志が痛恨被弾で二軍降格 味方も戸惑う“ポーカーフェース”

2018年08月13日 16時30分

 中日が12日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に1―3で敗れ、借金は今季ワーストの13となった。

 7回までパーフェクトに抑えられた石川から8回にビシエド、アルモンテの連打と平田の犠飛で1点を奪い、終盤に勝ちパターンへ持っていった。ところが抑えのルーキー・鈴木博志(21)が大誤算。バレンティンに2ランを浴び逆転を許した。

 森監督は「1―0で勝つしかない。(バレンティンに)初球を完壁に捉えられているようではまだまだだな」とピシャリ。試合後、鈴木博にプロ初の二軍降格を命じた。いつもは打たれた後でもハキハキと話す鈴木博だが、この日は「打たれちゃいけない場面。あそこで投げ切れなかった。また上がってきたい気持ちは強い。明日一日整理してやることをやってきたい」と神妙な面持ちで語尾もかすれがち。ショックの大きさがありありだった。

 150キロを軽々と超える空振りの取れる真っすぐとキレのあるカットボール。ポテンシャルは抜群の鈴木博だが、思うように結果が出ない。実は「ポーカーフェース」にも一因があるという。

 敵のチームに感情を見せないことは本来はいいことのはずだが「あいつのポーカーフェースは相手だけじゃなく、こっちも調子がいいんだか悪いんだか分からないんだ」(チーム関係者)と味方をも欺いてしまうというのだ。

 調子が悪ければ悪いなりのリードもできるが、味方もその判別ができない。そのため良いときと悪いときの結果が大きく違ってくる。

 せめてチームメートぐらいには感情が伝わるようなトレーニングも必要かもしれない。