中日 今回も止められなかった…マツダ2年越しのジンクス

2018年08月08日 16時30分

初回、失点して体をほぐすガルシア(左)

 中日が7日の広島戦(マツダ)に2―6で敗れ、借金は再び2桁の10となり最下位に転落した。チーム勝ち頭11勝のガルシアが初回に3失点。その後も失点を重ねて4回5失点で降板する大誤算になった。

 試合後に森監督が「立ち上がり? いつもじゃないの。立ち直れなかった? だから代えた」と淡々とコメントすれば、朝倉投手コーチも「立ち上がりが不安定なのが課題ですね」と改めて問題点を指摘。ガルシア本人は「今日は運がなかった。あまり良くなかった。(相手は)みんな初球から打ってきて、いいところに飛んだ」と不運を嘆いた。

 一方で、この試合でまたもジンクスが継続してしまった。中日は昨年からマツダスタジアムでの広島戦19試合で、すべて5点以上の失点をしている。「球場独特のムードなんですかね。リードしていてもカウントが2ボールになっただけで大ピンチになった雰囲気になる。それが失点につながっている」とチーム関係者は見る。

 今季はマツダスタジアム7試合で2勝を挙げているが(昨季は2勝10敗)、それも7―6、8―7で打撃戦を制したもの。客観的に広島と見比べれば、打撃戦では中日の分が悪い。「打線が5点以上を取るのか、投手陣が4点以内に抑えるのか。そう考えたら、やっぱり投手でしょう」(チーム関係者)。マツダスタジアムでの対戦成績を五分近くに持っていくためには、やはり投手陣の奮起が必要だ。