最下位転落&自力V消滅 阪神・金本監督「何試合残っていると思ってるの」

2018年08月01日 22時29分

試合が終わり、引き揚げる阪神・金本監督

 

阪神は1日の中日戦(ナゴヤドーム)に5―8と敗れて、借金は今季ワーストの8。6月24日以来の最下位に転落し、この日、首位・広島が勝ったため、自力優勝の可能性が消滅した。

 打線は、松坂の前に序盤2度の満塁の絶好機をつくりながらも2点に抑えられるなど、相変わらずあと一本が出ない。加えてロサリオの守備のミス、ナバーロの走塁ミスも飛び出し、全盛期を過ぎた〝怪物〟に屈辱の2敗目を喫した。

 金本知憲監督(50)は「選手は奮起してくれると思っている。最下位? 関係ない。何試合残っていると思ってるの」と前を向いたが、笛吹けど踊らずの状態が続いている。