“恐怖の8番”西武・中村が7月8本目のアーチ 通算368本塁打で歴代25位に

2018年07月31日 20時49分

 西武の“恐怖の8番打者”中村剛也内野手(34)が31日のソフトバンク戦(メットライフ)で7月8本目となる11号ソロを右翼スタンドに叩き込んだ。

 3回に9番・メヒアの8号ソロで先制した西武は、4回二死から8番・中村が千賀の初球、外角146キロの直球を逆方向へ。この恐怖の8、9番のアベック弾に始まり、6回にも秋山、浅村、山川の3発が乱れ飛び千賀をKO。メットライフドームは沸いた。

 中村は通算368本塁打となり、江藤慎一(ロッテ)を抜いて歴代単独25位となった。