マエケン右肩に異常発生か

2013年02月18日 16時00分

 広島の先発として日本代表と対戦した前田健太(24)は2回を投げて2安打1四死球無失点。球速は140キロに届かず、鋭くはじき返される場面も目立ったが「狙い通り(2回1死一、三塁から併殺を)取れたのは収穫。内容はともかく結果はゼロで終わったので良かった」。

 

 今後に向けて「もうちょっと精度を上げたい」と気を引き締めた。

 

 とはいえ前田健は侍合宿入り後、2日連続でブルペンを回避。この日もマウンド上で躍動感が感じられなかったように右肩に不安を感じているのは動かしようがない事実だ。

 

 3月3日の1次ラウンド中国戦(ヤフオク)に先発予定だが、与田投手コーチは「不安なら回避させないと」と慎重な姿勢だ。右肩の状態が注目される。