山口俊ノーヒットノーラン達成の裏で巨人救援陣は火の車

2018年07月28日 13時00分

記念のボールを手に笑顔の山口俊

<巨人5-0中日(27日)>巨人・山口俊投手(31)が27日の中日戦(東京ドーム)で史上79人目、通算90度目となるノーヒットノーランを達成した。しかし、山口俊の快挙達成の裏で、巨人首脳陣には手放しで喜べない事態も起きている。というのも投手陣にアクシデントが続発し、とりわけ救援陣は火の車となりそうなのだ。これ以上ない勝ち方で連敗は6でストップし、さあこれからという状況だが「一気の逆襲」とはいかないかもしれない。

 まずは上原だ。10年ぶりに復帰した右腕がこの日、今季初めて登録抹消となった。20日の広島戦(マツダ)で日米通算100ホールドをマークし“トリプル100”を達成したが、その後は2戦連続で救援に失敗。ここまで28試合に登板し、防御率は4・33で、前夜の試合で5敗目を喫していた。

 首脳陣は慎重に話し合いを重ねた結果、再調整が必要と判断。由伸監督は「調子もコンディションも含めてもう一回というところですね」と話し、斎藤投手総合コーチは「約1か月間、コンディションが上がっていい感じで投げられていたけど、ここのところ疲れもあるのかな。『ウエ(上原)、ちょっと休もうか』と話をしました」と明かした。

 当面は一軍帯同を続けながらの再調整という異例の形が取られるが、抹消という事実は変わらない。試合前に球場を引き揚げた上原は「結果が出ていないから仕方がないけど悔しい思いはある」と唇をかんだ。

 ただ、真の誤算はそれからだった。首脳陣は宮国と池田を昇格させ、ブルペンのテコ入れを図った。しかし今度は新守護神のマシソンがアクシデントに見舞われたのだ。

 この日の試合前練習を終えた際、足を引きずるようなしぐさを見せたマシソンの傍らには球団トレーナーが同伴。ファンへの“神対応”で知られるマシソンだが、この日ばかりはスタンドからのちびっ子たちのサインの求めを申し訳なさそうに断り、ベンチ裏へと引き揚げた。左ヒザ付近は入念にアイシングされ、テーピングでグルグル巻きとなっていた。

 先発陣ではローテの柱になりつつあったヤングマンが25日のヤクルト戦で打球を受け、左手骨折で戦線離脱。開幕時の勝ちパターンだった上原、澤村、マシソン、カミネロの4人のうち、現在も“無傷”なのは澤村だけとなっている。今後のやりくりに頭を悩ませそうだ。