巨人 エース・菅野で高卒2年目・高橋昂に負けた…広島に痛恨の3連敗

2018年06月29日 16時30分

5回4失点で5敗目を喫した菅野

 巨人が28日の広島戦に2―4で逆転負け。マツダスタジアムでは屈辱の9連敗となり、今季の対戦成績も2勝8敗となった。何より絶対エースの菅野智之(28)を中5日で投入しての敗戦はショックで、打線も高卒2年目左腕の高橋昂也(19)を攻略できず。あまりにもダメージが大きすぎる黒星に、チーム内には重苦しいムードが漂っている。

 試合後の三塁ベンチは、緊迫感に包まれた。ベンチ裏では緊急ミーティングが開かれ、村田ヘッド兼バッテリーコーチが「淡々とするのはやめよう!」と叫んだ。

 由伸監督の顔にもさすがにショックの色が浮かぶ。「終わってしまったことは変わらない。対カープはまた考えなくちゃいけないところですけど、明日はカープとやるわけじゃない。気持ちを切り替えていきたい」と語るのが精一杯だった。

 連敗して迎えた3戦目。それでも、この日ばかりは「勝てるだろう」というムードに満ちていた。それもそのはず、巨人の先発はエースの菅野。相手先発は高卒2年目のプロ未勝利左腕・高橋昂だったからだ。ところが結果は想定外。打線が高橋昂の前に6回3安打、2点止まりに封じられたことが誤算だった。

 吉村打撃総合コーチは昨秋のファーム選手権以来の対戦となった高橋昂について「ナメていたわけじゃないんだけどね…」としながら、印象をこう語った。「角度もあるし、ハマってくるとね。右のインコースと速いスライダーを気をつけていたけど、インハイに投げ込まれた。トモ(菅野)をもう少し楽にさせてあげられればよかった」。

 実は高橋昂は2年前のドラフトで、巨人が紛糾した末に泣く泣く2位指名を見送った投手でもあった。1位指名は創価大・田中(現ソフトバンク)、桜美林大・佐々木(ロッテ)と立て続けにくじで敗れ、結局は野手に切り替えて中京学院大の吉川尚を指名。そのため「2位指名は即戦力投手」という流れとなり、巨人は当時のスカウト部長・山下氏の後輩である近大・畠を2位指名した。

 ただ当時のドラフト事情を知る関係者によると、スカウト内は一枚岩ではなかったという。「あの時点ではまだ花咲徳栄の高橋昂が残っていた。本格派の大型左腕はウチの補強ポイント。『獲りましょう』という声も少なからずあったが、上に押し切られた」。結果的にウエーバー順で12番目の広島が高橋昂を指名した。

 前出の関係者は「あのとき何人かは『高校生が育つのを待っている余裕はない』と言っていたけれど、結局2年目で出てきているじゃないか。まだ粗削りだけど、彼はこの先も伸びるでしょう。畠は去年働いたといっても手術で半年遅れたし、今年も故障中。この結果を見てしまうと愚痴も言いたくなるよ」とうらめしげにボヤいた。

 結果論ではある。それでも高卒2年目左腕の堂々とした投げっぷりに、この日は巨人側の多くが感銘を受けた。だからこそ、エースで星を落とした以上の痛みが残った。

関連タグ: