【衣笠さんお別れ会】緒方監督「秋に日本一の報告ができるように精一杯頑張ります」

2018年06月28日 12時29分

衣笠氏との別れを惜しんだ山本浩二氏(左)

 4月23日に上行結腸がんのため死去した衣笠祥雄氏(享年71)のお別れの会が28日、広島市内のホテルで営まれた。

 会場には献花台が設置され、広島の緒方孝市監督(49)やコーチ、選手の他に1975年のリーグ初優勝時に打線の中軸を担った山本浩二氏(71)らOBも参列。2215試合連続出場の日本記録を樹立した“鉄人”の別れを惜しんだ。

 緒方監督は「亡くなられて2か月があっという間に過ぎてしまった。(個人的な)一番の思い出は監督になった1年目に『失敗を恐れず采配を振りなさい』と言ってもらったこと。秋にリーグ優勝、日本一の報告ができるように精一杯頑張りますと誓った」と力強く語った。

 また、盟友の山本氏は「長い付き合いだったし、寂しいのひと言」。会場には衣笠氏の現役時代から引退後をたどった写真パネルが設置され「全ての写真が生き生きしている。当時のことを思い出した」と故人をしのんだ。