ヤクルト・カラシティー先発初勝利も球団は「いずれリリーフに」 複雑なブルペン事情

2018年06月28日 16時30分

先発で来日初勝利をマークしたカラシティー

 ヤクルトが27日の中日戦(神宮)に7―2で勝ち、巨人と入れ替わりで2位に浮上した。ヒーローは6回6安打1失点の好投を見せた先発のマット・カラシティー(26)。開幕直後は主に守護神を務めていた助っ人は、来日2度目の先発で、先発として初勝利をつかんだ。

 試合後のカラシティーは「6回に四球を出したが、野手の皆さんに助けられて投げることができた。本拠地で勝つのは気持ちいい」と満面の笑み。打っても2打数2安打2得点の活躍だ。

 だが、喜んでばかりもいられない。昨年は球団ワースト記録の96敗を喫したチームは投手、とりわけ中継ぎ陣が壊滅的だったこともあって、カラシティーの獲得はブルペン陣の強化をもくろんでのことだった。

 しかし、6月9日のオリックス戦(神宮)で先発が炎上。2番手として登場すると、5回を投げて無失点とロングリリーフが成功し、先発への転向が決まった。

 球団関係者は「正直、カラシティーにはリリーフとして活躍してほしいという気持ちがあった。交流戦では中継ぎが良くて勝てたが、近藤と中尾は勝ちパターンに入るのが実質1年目。実際、徐々に疲れが見えてきているからね」と、カラシティーが先発に転向したことにより、ブルペン陣の負担増への不安を口にする。

 現場サイドは先発の枠が1枚埋まった形だが、球団サイドは「中継ぎがシーズン最後までうまく回るということはちょっと考えられない」とメキシカンリーグからジェイソン・ウルキデス投手を獲得したほど。「いずれまたカラシティーには後ろに戻ってほしい」と、フル回転が期待されている。