決勝3ランの阪神・陽川 ナバーロに負けない!「これからも結果を残して頑張りたい」

2018年06月27日 11時00分

7回、2号3ランを放つ陽川

 阪神・陽川尚将内野手(26)が新助っ人のエフレン・ナバーロ内野手(32=カブス3A)に負けじとアピールした。

 26日の横浜戦(横浜スタジアム)に「5番・一塁」で先発出場し、2安打4打点とチームの全打点を挙げ、6試合ぶりの勝利と最下位脱出に貢献。7回に放った均衡を破る2号3ランを「せめて犠飛と思って打席に立った。必死に食らいついていった」と振り返った。金本知憲監督(50)も「持ち味の長打力を出してくれた。可能性を持った選手」と評価した。

 この日はナバーロがソフトバンクとの二軍戦(鳴尾浜)で日本デビューし、適時二塁打を放つなど活躍。新たなライバルも登場したが「これからも結果を残して負けずに頑張りたい」と奮闘を誓った陽川。一昨年、昨年と2年連続でウエスタン・リーグの本塁打・打点2冠に輝いた持ち前の長打力で存在感を示したいところだ。