球宴ファン投票1位 松坂が中日ナインを驚かせたマル秘野望とは

2018年06月26日 16時30分

12年ぶりに球宴に選出された松坂

「マイナビオールスターゲーム2018」(7月13日・京セラドーム、14日・熊本)のファン投票最終結果が25日に発表され、セ・リーグの先発投手部門で中日・松坂大輔投手(37)が39万4704票を集め、2位の巨人・菅野に15万票以上の大差をつける1位で選出された。そんな松坂が真夏の祭典である“ミッション”を遂行しようとしていることが発覚。その内容を知った中日ナインや関係者らを驚嘆させている。

 球宴に出場すれば、西武時代の2006年以来、12年ぶりとなる松坂。「1位になってびっくりしているのが正直なところ。やっぱり野球選手である以上、選ばれて出たいと思う大きなイベントですし、光栄なこと。できることならいつでも出場したいなと思ってます」と選出に感謝を表した。

 しかし、17日の西武戦では背中の捻挫で登板を緊急回避し、現在、抹消中の身とあって「選ばれてうれしいけど、今は自分の体の状態のことがある。複雑な気持ちはあるが、何とかそこ(球宴)で投げられるように早く復帰したい」と手放しで喜ぶことはなかった。

 それでもレジェンド右腕は超ポジティブ。対戦したい打者について問われると「特に誰というのはないけど、球宴という舞台で投げること自体は非常に楽しみ。そのためにも早く背中の故障も治したいし、セ・リーグでも他チームと同じベンチでプレーする機会はあまりないので、そういった部分も楽しみにしながらプレーできたらいい」ともくろんでいる。

 さらに球宴で他球団の選手からいろいろ質問される“松坂詣で”が必至の状況だが、これに松坂は「もしそういう機会があればですけど」と誰でもウエルカムの姿勢を見せる。一方で松坂自身も聞いてみたい選手について言及。「気になる球種を投げている投手がいれば、投げ方だったり、握り方だったり聞くと思う、普通に」とニヤリ。

 これに中日のある若手投手は「松坂さんのような大ベテランで、今でもかなり球種は多彩なのに、まだ他の選手から何かを吸収しようというのはすごい」と舌を巻けば、別の選手も「あの経験豊富な松坂さんのお眼鏡にかなった投手が誰なのか、球宴から帰ってきたら勇気を持って聞けるならぜひ聞いてみたい」と目を輝かせる。チーム関係者は「松坂の野球に対する貪欲な姿勢をウチの選手たちも見習わないといけない。それにしても松坂は本当にすごい。森監督は獲得してくれて良かった」と最敬礼だ。

 どうやら、その最初のターゲットは上原になりそうで、松坂は「(上原とは)今まではリーグも違ったので球宴の舞台で同じベンチで会えることを楽しみにはしてますね」。さらに松坂といえば、野手顔負けの打棒を持ち、これまで巨人・坂本勇、阪神・福留ら球界を代表する主力野手からバットをせしめて“相棒探し”をしていることが知られている。

 今回も球宴で「コレクションというよりは興味がある人がいたらバットを使ってみたいなと思うだけです。可能だったら何人かの選手にバットをもらえるといいですね」と目を光らせており、球宴中のレジェンド右腕の野望にはチーム内でも大反響を呼んでいる。