トドメの満塁弾! 広島・鈴木がひと皮むけた裏に「献身」

2018年06月25日 16時30分

今季2本目の満塁弾を放った鈴木(中)は笑顔でナインとハイタッチ

<広島11-6阪神(24日)>広島の鈴木誠也外野手(23)が24日の阪神戦(甲子園)で、6―6の9回、1点を勝ち越し、なおも一死満塁の場面から左翼ポール直撃の10号満塁弾でトドメを刺した。3安打5打点の大暴れでチームを3連勝に導いた4番打者は「交流戦でいい勝ち方ができていなかったので、このカードは取りたいと思っていた。3つ勝てるとは思っていなかったけど」と7勝11敗で終えた交流戦からの逆襲に燃えていた。

 今季はここまで51試合に出場し打率3割7厘、10本塁打、37打点。4番として安定した成績を残す裏には「献身」というテーマがあった。「結果を出さないといけないのはもちろんですけど、ケガをして万全じゃないときもありましたが、こうやって一軍でやらせてもらっている。チームの人からも『必要だ』と言ってもらっている。人から見られているんだというのも強く感じるようになった」。今季は思い通りの打撃ができなくても感情を表に出すことが少なくなった。

 あくまで「個」よりチーム優先だ。「守備で迷惑をかけることもある。打てなくても進塁打とか、自分にできることを一つひとつやっていかないと。打撃の状態もまだまだだけど、チームが勝てればそれでいい。プロである以上、自分のためにやるのはもちろんだが、チームのために、優勝できるようにやるということ。成績に関しても意識はしていないけど打点、出塁率、チャンスメークなんかはこだわりたいところ」。4番として心身ともに成長した今年の鈴木は“ひと味”違う。