松坂 西武戦先発取りやめの背景に「3つのイレ込み」

2018年06月18日 16時30分

球場を後にする松坂

 中日・松坂大輔投手(37)が背中のけいれんを訴え、17日の西武戦(メットライフ)の先発を取りやめた。代役の2年目右腕・藤嶋が6回2失点の好投でプロ初白星を挙げ、チームの連敗を3で止めたが、今後のレジェンド右腕の状態が心配されている。

 異変が起きたのは試合前のブルペン。背中がつってしまい、首脳陣と相談して登板を緊急回避。トレーナールームでマッサージや電気治療などを施された後、5回途中にタクシーで球場を引き揚げた。その際、自力ながらも、つらそうな表情でゆっくりと歩き、階段は手すりを使わないと上れない状態で、松坂は「たくさんの方が投げるのを楽しみに来てくれた中で、このような形で申し訳ありませんでした」とコメントした。

 今回のアクシデントの要因にチーム内では「3つのイレ込み」が指摘されている。この日、中日元監督の落合博満氏が名古屋のCBCラジオの解説を務めるため、同球場を訪問。チーム関係者は「松坂は落合さんが球場に来ることは知っていた。その松坂にとっても落合さんはトップスターで相当リスペクトしていて、いつも以上に気合が入っていた」という。

 また、この球場は西武時代の本拠地で、12年ぶりの公式戦登板。松坂は「8年いましたからね。普通(平常心)でいられたらいいですね」と気持ちを高ぶらせていた。さらにここまで今季7試合に登板して3勝3敗の成績を残しているが、ビジターで登板したのは1試合のみ。その唯一の5月13日の巨人戦(東京ドーム)では3回途中、右ふくらはぎの張りを訴えて緊急降板していた。

 それだけに別の関係者は「松坂としてはまだナゴヤドームでしか勝てていないとか、ビジターでは通用しないとか、言われたくなかったはず。この球場は特別な場所ということもあるし、みんなが想像できないような複雑な感情があった」。何としても勝ちたいという気持ちが強すぎ、体に異変が生じてしまったのかもしれない。

 登録抹消の可能性について森監督は「これから考える」と話し、永田トレーナーは「張りが取れれば大丈夫。ボールを投げられるようになるのにそんなにかからないと思う」と軽症とみているが…。球宴選出が濃厚なだけに気になるところだ。