ヤクルト・山田哲 左腕負傷でスタメン落ち

2018年06月13日 19時35分

 ヤクルトの山田哲人内野手(25)が13日の西武戦(メットライフ)で左腕の負傷のためスタメン落ちをした。山田哲は前日12日の同戦(県営大宮)で、初回の守備で相手走者と交錯し左腕を痛めた。この日は試合前練習に参加せず、病院に向かった。

 小川淳司監督(60)は山田哲の状態について「ちょっと分からない」と明言しなかった。この日は代役として「一番・二塁」に荒木貴裕内野手(30)が入った。