巨人12年ぶり単独最下位 エース菅野が今季最短KO

2018年06月08日 23時26分

今季最短KOとなった菅野

 巨人が6月以降としては2006年8月4日以来、12年ぶりとなる単独最下位となった。

 8日の西武戦(東京ドーム)でエース菅野が5回5失点と今季最短KO。一方、打線は菊池の前に7回2安打無得点と抑えられた。終盤、西武中継ぎ陣を攻め1点差まで迫ったがあと一歩及ばず4—5で敗れた。0・5ゲーム差だった中日が勝ったため巨人が最下位となった。

 この日、西武の後藤オーナーと観戦した老川オーナーは「後藤さんから『日本シリーズで最後までいい戦いができるように頑張りましょう』と言われた」と明かした上で「奮起してもらいたい」とチームにハッパをかけた。