楽天・則本13K奪うも5敗目 チームは今季4度目の4連敗

2018年06月02日 18時16分

 楽天のエース・則本昂大投手(27)が2日のヤクルト戦(楽天生命)で自己最多タイの13奪三振をマークしながら、8回4安打3失点で5敗目(4勝)を喫した。

 交流戦で12球団唯一勝ち星のないチームの連敗を止めようと、初回からトップギアでスワローズ打線に挑んだ奪三振王。2回までの6つのアウトのうち5つを三振で奪う力投に、2万5920人のファンは沸いた。しかし3回、9番・荒木に3号2ランを打たれがっくりとヒザに手を置いた。

 5回に売り出し中の2年目・田中の2点適時二塁打で一時は同点に追いついてもらったが、8回に坂口の適時二塁打で再び突き放され2―3と惜敗。チームは4度目の4連敗となった。

 則本は「(状態は)悪くはなかったけど、負けたら一緒。次、勝てるように頑張ります」と言葉少なだった。