王会長「パディーヤ楽しみ」

2013年02月12日 10時58分

 ソフトバンク・王球団会長が11日、ここまでの宮崎キャンプを総括した。

 まずはチームリーダーとして期待され、WBC日本代表候補にも選ばれている内川には「もともと(状態が)良かったからね」と順調な仕上がりに納得顔だ。

 昨季現役を引退した小久保裕紀氏が「後継者」に指名した左の長距離砲・柳田については「去年の(出場経験)が自信になってる」としながらも「まだ力任せのところがある。自分でつかんでいくしかない」と注文をつけた。ペーニャは腰の張りを訴えてこの日も早退。だが「2年目だからのびのびしてる」と心配していないようだ。

 この日は新外国人のパディーヤが2度目のブルペン入り。「顔はごっついけど」と苦笑いしつつ「理にかなった投げ方をしている。球持ちもいいね。変化球も丁寧に投げていた。意識して外、内と投げ分けてるから、自信があるんじゃない。実戦で投げるのが楽しみ」。

 王会長は所用のためいったん宮崎を離れ、19日に再び、チームに合流する予定だ。