阪神・鳥谷 連続試合出場が1939試合でストップ

2018年05月29日 22時01分

連続試合出場がついにストップした鳥谷

 阪神・鳥谷敬内野手(36)は29日、ソフトバンク戦(甲子園)で出番がなく、連続試合出場が1939試合(歴代2位)でストップした。

 新人イヤーの2004年9月9日から試合に出続け、元広島の衣笠祥雄氏が持つ2215試合の連続試合出場の日本記録を目指してきたが、ここ最近は金本監督の〝恩情〟で記録のために出場する起用も多かった。

 20日の中日戦後には、金本監督が「鳥谷と話し合わないといけない」と記録ストップもあることを示唆していた。

【連続試合出場】1位は衣笠氏の2215試合。2位が鳥谷で、3位は金本知憲(広島、阪神)の1766試合。4位は松井秀喜(巨人)の1250試合だが、松井の場合はヤンキース移籍後の記録も合算すると1768試合となる。また、金本は1767試合目にも代打で出場したが、打席の際に走者が盗塁に失敗して、そのイニングが終了。その後の守備にも就かなかったため、打撃を完了していなかったとして連続試合出場がストップした。