ソフトバンク 得意の交流戦V4で巻き返しなるか

2018年05月28日 16時30分

上がらぬチーム状態に工藤監督(左)も頭が痛い

 王者がボロボロの状態でセ球団との戦いに突入する。ソフトバンクは27日の楽天戦(ヤフオク)に4―8で逆転負け。3カード連続の負け越しで勝率5割に逆戻りした。

 それでも29日から始まる交流戦は3連覇中。得意の舞台で立て直しを図りたいところだが、首脳陣も含めてチーム内に楽観する声は皆無だ。9勝9敗の「5割」を現実的なラインと見る向きもあり、達川ヘッドコーチも「今年はそううまくいかんよ。DHが使えない敵地で1勝、使える本拠地で2勝を目指す。高望みはしない」と語った。

 それほど現在は手負いの状態だ。主力だけでも打者では4番・内川、リリーフではサファテ、岩崎がいない。先発では26日に東浜が右肩関節機能不全で離脱したばかり。一度は復帰の準備が整った和田も、再び左肩の違和感で登板白紙に逆戻りしている。

 右前腕部の違和感で離脱しているエース・千賀にしても、交流戦の初戦での復帰を目指してきたが、この日のブルペンで7球を投げたところでマメが潰れて回避が決定した。「こんなことがあるんだというくらい、悪いことが重なっている」(チームスタッフ)

 とはいえ、セ球団サイドにソフトバンクに対する苦手意識もありそうだが、首脳陣の一人は「スコアラーから今のうちの状況は(セの球団にも)伝わっている。相手はいけるぞ、となってくるはず」と戦々恐々。

 とにかく今は故障者の復帰を待つしかない。「さすがに今年は交流戦も厳しい戦いになるだろうが、7月になればリリーフも岩崎とスアレスが戻ってくるし、チームは上向くはずだ」(球団フロント)。最近10試合は2勝8敗。逆転Vに向けて今年のソフトバンクの交流戦は「我慢」がキーワードだ。