ケイリン女王・石井寛子がヤフオクで始球式「いい思い出になりました」

2018年05月26日 15時36分

始球式を行った石井寛子

 ガールズケイリンの石井寛子(32=東京・104期)が26日、「オッズパークドキドキスペシャル」と銘打たれたソフトバンク―楽天戦(ヤフオクドーム)の始球式に登場した。

 ソフトバンクのエースとして2度の沢村賞に輝いた斉藤和巳氏(野球評論家)の指導を受けたが、惜しくも三塁側にそれるワンバウンド投球に終わった。

 それでも「練習もしっかりしてきたので、本当はもっとカッコいい球を投げたかったですが、とりあえずホームまでボールが届いたので、100点満点中50点です。球場の雰囲気はキラキラしていてすてきでしたし、いい思い出になりました」と笑顔で振り返った。

 石井は昨年の「ガールズグランプリ2017」を制して賞金女王にも輝いた。「今年もガールズグランプリを優勝して、来年の始球式を目指したいと思います!」と誓った。