今季最短KOの巨人・吉川光 広島恐怖症再発!?

2018年05月24日 16時30分

4回途中8失点KOの吉川光

 G党の涙雨が降り注いだ。巨人は23日の広島戦(ひたちなか)で3―9の大敗を喫した。誤算は3回0/3で8失点KOの左腕・吉川光夫(30)だ。初戦快勝の勢いを断ち切る大炎上には淡い期待を込めて送り出した首脳陣もガックリ。今後も巨人は同カードでの投手起用に悩まされそうな雲行きだ。

 ヨーイドンで勝負が決まってしまった。初回、吉川光は先頭の田中にソロを被弾。2四球でなおも一死一、二塁の危機を招くと新井にも3ランを浴び、さらに2安打であっという間に5失点。雨の中、ひたちなか市民球場に詰め掛けたファンからは大きなため息が続けて漏れた。

 左腕の炎上は終わらない。2、3回こそ無失点で切り抜けたが、4回先頭の田中に再び本塁打を許し、後続の菊池、バティスタに連続四球を与えたところでベンチの我慢は限界。一死も奪えず降板すると、2番手・谷岡も火消しに失敗し、この回さらに4点を追加されて大勢は決した。

 吉川光は前回16日のヤクルト戦で6回1失点と好投するなど、自身3連勝中だった。由伸監督からは「次はまたもう1イニング多く投げられるように」とハッパをかけられていたものの、結果は今季自己最短KO。期待に背く結果となった。

 移籍1年目の昨季、吉川光はシーズン序盤の4月13日に広島とぶつかり2回途中4失点でKOされた。「中途半端な左腕ではカープ打線は抑えられない」(チームスタッフ)と同じく炎上した内海と共に早々と“広島戦失格”の烙印を押され、その後は一度も登板機会が巡ってこなかった。

 ただ今季は5月3日の広島戦で5回1失点と好投。その後も安定した投球を続け、ベンチも「今年の吉川光はいける」との期待を抱き始めていた矢先のKO劇だっただけに首脳陣のショックも計り知れない。斎藤投手総合コーチは試合後、記者の問いかけに終始無言だった。

 こうなると再び「広島戦に誰を投げさせるか」という課題が浮上する。昨季7勝18敗と惨敗し、今季もここまで2勝5敗と負けが先行。ペナント奪回へ直接対決でこれ以上離されるわけにはいかない。吉川光は「ボール先行が原因。次はストライク先行で投げたい」と反省を口にした。だがこの日の結果で「今季も広島戦は厳しい」と判断されれば、二軍で好投を続けるドラ1ルーキーの鍬原をどこに組み込むかも含め、今後は対カープをにらんだローテ再編も検討されるだろう。

 次回、広島との激突は交流戦明け6月26日からの敵地3連戦。巨人はどんな巻き返しの手を打ってくるか。