今季不調の筒香に3戦5発被弾 G投なぜ打たれる

2018年05月21日 16時30分

筒香(手前)に2被弾を喫した野上

 巨人が20日のDeNA戦(東京ドーム)に、2―10で大敗した。中でも筒香にはこの日の3被弾を含む3戦5発とやられ放題だった。

 初回、先発・野上がバックスクリーン右へ先制2ランを叩き込まれると、4回には2打席連続となる右翼バルコニー席上部の看板を直撃する特大ソロ。9回には4番手の田原が右中間スタンドへプロ入り初となる1試合3発目を献上した。G投は他にもロペスと宮崎、梶谷にも柵越えを許し、2016年9月23日のDeNA戦(東京ドーム)以来となる6被弾で沈められた。

 それにしても今季の筒香は開幕から不調が続いているのだが、巨人戦になると打率3割7分5厘、6本塁打と、とたんに爆発する。巨人以外の4球団(対広島=1割7分2厘、2本、対阪神=1割4分3厘、0本、対中日=2割8分6厘、2本、対ヤクルト=2割8分、1本)とは明らかに差が出ているとあって、由伸監督は「他(のチーム)はそんなに打たれていないんだから、方法はあるはず」と厳しい表情。村田ヘッド兼バッテリーコーチも「恥ずかしいことや。それも含めて慎重さに欠けるということ。対策? 俺も考えるよ」とおかんむりだった。

 チーム内からは「この3連戦は筒香への攻め方が、どれも内角と外角に偏っていたように見える。普通は3連戦の初戦に内角と外角だけでなく、高めや低めも使って相手を惑わすものですが…。結局、今日の野上も1打席目に外角を打たれ、2打席目は内角への初球を運ばれた。工夫が足りないと言われてもしょうがない。次回は初戦からいろいろな“まき餌”をする必要もあるのでは」との声も上がった。

 3位DeNAには今季3勝7敗1引き分けと黒星が大きく先行し、0・5差に詰め寄られた。次回対戦は交流戦後の7月3日からとなるが、現場の総力を結集して“筒香封じ”が求められる。