1失点2勝目&プロ初のマルチ安打! 松坂は投手だけじゃなく野手にもお手本

2018年05月21日 16時30分

2勝目を挙げ笑顔の松坂

<中日6-1阪神(20日)>「平成の怪物」が投打で大暴れだ。中日・松坂大輔投手(37)が20日の阪神戦(ナゴヤドーム)に先発。投げては6回3安打1失点の好投で2勝目を挙げれば、打ってもプロ20年目で初のマルチ安打を達成するなど“二刀流”の活躍を見せた。そんな松坂にナインも首脳陣も熱視線を送っている。

 この日の松坂はカットボールを軸に阪神打線を6回3安打1失点。今季最多の7三振を奪う安定感抜群の投球を見せた。前回登板した13日の巨人戦(東京ドーム)で3回途中に右ふくらはぎの強い張りで緊急降板。そこから初めて登板後に抹消せずに初の中6日で挑む不確定要素だらけの登板となったが、フタを開ければ今季最高と言っていい内容だった。

 松坂が球場を最も沸かせたのは打撃だ。4回の第2打席で「振りやすかった」という巨人・坂本勇にもらったバットで日本では12年ぶりとなる左前打。さらに5回の第3打席でも左前打でプロ20年目で初のマルチ安打を記録した。「監督からも打撃を期待されて獲ってもらったのでやっと打てて良かった」と森監督が入団テスト合格したときのジョークを逆手にとって爆笑を誘った。

 4月19日の阪神戦(ナゴヤドーム)では2回、同点に追いつきなお二死一、三塁と勝ち越しの好機で松坂に打席が回ってきたが結果は三ゴロ。この試合、7回2失点(自責1)と好投しながら負け投手となった。「チャンスで打てなかった悔しさがあるからだろう。毎日のように一人で打撃練習をしているのは知っている」と森監督は明かした。

 そんな松坂の打撃に京田が「目の前で素晴らしい打撃が見れてうれしい」と言えば、横浜高の後輩の福田も「さすがですね。マジでいい打撃。僕は(体を)開いてしまう。松坂さんのように閉じて打ちたい。リプレー見て勉強しました」と心酔するばかりだ。

 コーチの一人は「(前回登板の)東京ドームのときとまったく違った。7、8割の力で振っていたように見えた」とその修正能力を絶賛した上で「いろいろ考えてやったんだろう。野手も参考になる」と話した。今後、松坂は投手の手本ばかりではなく野手の手本にもなりそうだ。