阪神2年目の才木は5回12安打5失点

2018年05月20日 16時36分

5回を投げ5失点でKOされた才木浩人

 阪神の高卒2年目右腕・才木浩人投手(19)が20日の中日戦(ナゴヤドーム)でプロ初先発し、5回12安打5失点でKOされた。

 初回はモヤに押し出し四球、福田に右前適時打を許すなどいきなり3失点。その後も得点を許し「毎回走者を出してピンチを招いてしまい、攻撃にいいリズムを持ってこられるような投球をすることができませんでした」とうなだれた。

 この日投げ合った中日の“平成の怪物”松坂が横浜高で甲子園春夏連覇を成し遂げた1998年に生まれた。登板前には「こんな機会はなかなかない。もちろん、試合に勝つことが第一ですが、学ぶことは多いと思う」と意気込んでいたが、それどころではなかったようだ。