鳥谷悲し…送りバントで“金字塔” 球団生え抜き歴代トップ通算2011試合出場達成

2018年05月19日 13時00分

9回に代打で登場した鳥谷は注文通りに犠打を決めた

<阪神2-1中日(18日)>心中複雑とはまさにこのことか…。8日の巨人戦(東京ドーム)を最後にスタメン落ちが続く阪神・鳥谷敬内野手(36)が何とも寂しい形で金字塔を打ち立てた。この日は2―1の9回無死一塁から代打で登場。1点でも追加点が欲しい場面ではあったが、ベンチの指示は送りバント…。ベテランはカウント1―0からサイン通りに捕手の前に打球を転がした。これで通算試合出場を2011試合とし、球団生え抜きでは藤田平を抜いて歴代トップに立った。

 試合後、鳥谷は「チームが勝ったんで良かったと思います」とだけコメントした。金本監督の恩情で連続試合出場記録は1932試合で継続中。阪神OBからは「もっと鳥谷を使えばいいのに」との声もあるが、今の鳥谷はそこまで信用されてはいないようだ。