西武 秋山の失策で決勝点献上「グラブに当てた以上、捕らないと」

2018年05月16日 23時05分

 西武は16日の日本ハム戦(東京ドーム)で散発4安打に終わり、完封負け。今季4度目の零封負けで2位・ソフトバンク、3位・日本ハムとのゲーム差は2・5となった。

 この日も痛恨の失点シーンは「魔の7回」にやってきた。それまで日本ハム打線を2安打に抑えていた先発・十亀は清宮を右中間への飛球に打ち取ったが、中堅・秋山と右翼・木村が交錯(記録は秋山の失策)し無死三塁とされ、西川の犠飛で決勝点を奪われた。

 試合後、辻監督は「どっちが捕ってもいいんだけど、オレは木村が手を挙げたから木村が捕るんだなと思っていた。結局、点を取られたのはあのミスだったから大きかった。あの歓声の中だからね。ゼスチャーを大きくしないと声が聞こえないでしょ」と連係ミスからの失点を悔やんだ。秋山は「グラブに当てた以上、捕らないといけない」と敗戦の責任を背負った。

 先週のソフトバンク2連戦に続き、看板の重量打線はマルティネス、上沢の二枚看板をぶつけてきた日本ハムの前に2試合連続無得点。これで3カード連続負け越し(1勝6敗)で、5月は5勝8敗と負け3つ先行。指揮官は「いいピッチャーにはこうなるんだって。向こうだって3安打でしょ? バントのうまい岡田だって失敗するんだよ。(2位とのゲーム差が)4・5あって、これだけ負けてもまだ2ゲームしか詰まってないんだよ」と首位にいる事実を強調し前を向こうとした。