巨人・山口俊 135球熱投も援護なく完投負け

2018年05月15日 23時16分

巨人・山口俊

 巨人・山口俊投手(30)の奮投は報われなかった。15日のヤクルト戦(鹿児島)は1―2で惜敗。右腕は同点の8回、先頭の青木に痛恨の勝ち越しソロを浴び、今季最多の135球の熱投も実らず3敗目(3勝)を喫した。

「投げミスをしたら(青木は)メジャーでやられていた選手なので見逃さない。チームに負けがつかない投球をしないと…」と反省したが、村田ヘッド兼バッテリーコーチは「俊は頑張ったやんか。次に期待できる」と評価。由伸監督も「よく粘って投げてくれた」と責めず「それだけに点を取ってあげないといけなかった」と、6安打で1点止まりに終わった打線を嘆いた。